アクセス解析
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
アロイス
20050512175403


花とゆめコミックス、萩尾望都「アロイス 萩尾望都傑作集」です。
1976年初版発行。
うちのは15版。

アロイス
温室
モードリン
千本目のピン
プシキャット・プシキャット
ハロー!イングランド

以上が収録されています。

「アロイス」すっごい!!
すごいね、ほんと。
サスペンス?
温室もですよね。
あれ、温室はホラー?
こういう暗いの大好き。
あと千本目のピン!
天才ですよね本当に。
かわいい?。
短い漫画がこんなにすばらしいなんて!
いつでもどきどきさせてくれます。
一冊で色々おいしいです。
スポンサーサイト
【2005/05/12 17:54 】
| 萩尾望都 | コメント(0) | トラックバック(0) |
スター・レッド
20050512164503


フラワーコミックス、萩尾望都「スター・レッド」です。
ものすごく詳しく書いたのに消えたよ・・・orz
簡単に行きます・・・。
週間少女コミック、昭和53年第23号から54年第3号まで連載されていた作品です。
全3巻。
2巻に「十年目の毬絵」、3巻に「左ききのイザン」が収録されています。

星がかわいいです。
星が火星人で24世紀の地球で育って・・・っていうSF作品です。
本当に萩尾先生はすごいなぁ?。
【2005/05/12 16:45 】
| 萩尾望都 | コメント(0) | トラックバック(0) |
右手にメス、左手に花束
20050512050902


二見シャレード文庫、ふしの(またしても漢字が・・・!!)道流「右手にメス、左手に花束」「君の体温、僕の心音」です。
ふしの・・・は、きへんに甚に野です。
ごめんなさいごめんなさい。
イラストは加地佳鹿さん。
・・・あれ・・・びくふりだっけ?
せっかくなのでお医者さん作品を続けて。

お医者さんカップルが医科大学に通っていた時代を振り返る、って感じの始まり。
これもお気に入り作品です。
2巻も面白い?。
表紙は1巻のが好き!
どうやら2人には実在のモデルさんがいるそうで・・・。
良いな?、あたしもそんな素敵なお知り合いがいたらいいのに。
【2005/05/12 05:09 】
| BL小説(文庫) | コメント(0) | トラックバック(0) |
逢えるかもしれない
20050512043904


オークラ出版アクア文庫、春原いずみ「逢えるかもしれない」でうす。
前に紹介させていただいた「氷点下の恋人」の作者さん。
イラストは麻生海さん。
・・・カフェリ○ドバーグの方ですね(笑)。
小説強化週間・・・って訳じゃないんですけど、漫画読み返す時間がないんです・・・。

ほんと医者好きだよ、あたしは!(笑)
白衣とかまじもえる。
作者さんはものすごく病院に精通してらっしゃる方だろうな?。
それも大きい病院。
私も医療関係に足突っ込んだことあるけどこんなの聞いたことないわ、って単語いっぱい出てくる。
トロンビンとか懐かしい。
トロンビンは胃カメラで組織取ったときとかにまくんだっけ?止血剤だよね??
もうほんと忘れる、こういうの。
記憶っていうのはなくなるわけじゃないらしいですけど、思い出さないとどんどん奥深くに格納されていくのがわかる・・・。
これ桃桜書房だかなんだかってとこから昔出てたような気がします。
昔の本も探してるんだけど、全然見つからない!
続きがあるなら是非読みたい作品です。
【2005/05/12 04:39 】
| BL小説(文庫) | コメント(0) | トラックバック(0) |
少女革命ウテナ ─蒼の双樹─
20050512042103


小学館パレット文庫、大河内一楼、原作/ビーパパス・さいとうちほ「少女革命ウテナ ─蒼の双樹─」です。
イラストは勿論、さいとうちほ。
うちから一冊しか出てこなかったんですけど、これ続きありますよね・・・?

少女革命ウテナの小説です。
これ内容がとんでもない!(笑)
漫画ってこんなんじゃなかったよね・・・?
みっきーがー大変です・・・。
これ書いてる方は男性じゃないのかしら。
内容がアニメとも漫画とも違います。
ミッキーはウテナが好きで、樹里さんは冬芽嫌いみたい。
続きあるのかちょっと探してみたいと思います。
【2005/05/12 04:21 】
| 小説 | コメント(0) | トラックバック(0) |
フラクタル・チャイルド
20050512035702


コバルト文庫、竹岡葉月「フラクタル・チャイルド ここは天秤の国」「ストロボの赤」「女神の歯車」です。
イラストは大好きな、オノデラ佐知さま!ネ申。
このグラデーションの美しいカラーとかほんとありえない。

なんか説明が難しいね。
ファンタジーでいいのかな?
走り屋のジュラたんと刑事さんが大層かわいいよ!
続いてるぽいんだけど、続きって出てるのかな??
てか、あたし脳みそ腐ってるからカイとサキが跡部と千石に見える
【2005/05/12 03:57 】
| コバルト文庫 | コメント(0) | トラックバック(0) |
銀のレクイエム
20050512033602


角川ルビー文庫、吉原理恵子「銀のレクイエム」です。
イラストは・・・ごめんなさい漢字よめないです(笑)。
波津・・・なんてよむの?
木に杉でひとつの漢字、そして子。
大変失礼な私でございます。しらべろよ!

これ感動巨編だよね、って勝手に思ってます。
「月刊JUNE」1984年の6月号に掲載されたものを文庫化したらしいんです。
すごいな?。
やっぱりいい作品は今読んでもいいですね。
【2005/05/12 03:36 】
| BL小説(文庫) | コメント(0) | トラックバック(0) |
氷点下の恋人
20050512031504


キャラ文庫、春原いずみ「氷点下の恋人」です。
すのはらいずみって読むらしいです。しらなかった。
イラストは片岡ケイコさん・・・。
片岡ケイコさんて・・・幻想○滸伝の人だったっけ?(笑)

この人の本を読むのはこれで3冊目?。
あたしは結構好みです!
ちゃんと内容がある感じで。
整形外科医×保険会社社員
こういうの萌える?。
ひめこは大人のラブが大好きです。
作者さんは病院関係にお勤めなのかしら?
もう一冊持ってるやつもお医者さんの話だったな?。
【2005/05/12 03:15 】
| BL小説(文庫) | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。